瀬戸市予防接種情報提供サービス

令和元年・48週~インフルエンザ、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、咽頭結膜熱、伝染性紅斑~

今週の注目感染症 令和元年・ 48週(11月25日~12月1日)

◆インフルエンザ注意報が発令されました。
春日井保健所及び江南保健所の定点当たり報告数が注意報レベル 10 を上回ったため、愛知県は 12 月 5 日 インフルエンザ注意報を発令しました。
48 週の定点当たり報告数は 5.48、47 週 637 人→48 週 1,069 人です。
2019/2020 シーズンに病原体定点等から寄せられた検体よりインフルエンザウイルス A 型 (AH1pdm09 24 件) 及び B 型(ビクトリア系統 1 件)が検出されています。
手洗い、うがい、体調管理、ワクチン接種など予防対策を心掛けましょう。
【参考ページ】“インフルエンザ注意報”を発令します!(愛知県、12 月 5 日発表) >>詳細はこちら
保健所別・定点医療機関当たりのインフルエンザ報告数マップ
>>詳細はこちら
疾患別ウイルス検出状況
>>詳細はこちら
インフルエンザ情報ポータルサイト(愛知県)
>>詳細はこちら

◆A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
48 週の定点当たり報告数は 2.79、47 週 411 人→48 週 507 人です。
【参考ページ】
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎について >>詳細はこちら

◆咽頭結膜熱
48 週の定点当たり報告数は 0.44、47 週 76 人→48 週 80 人です。

◆伝染性紅斑
伝染性紅斑はヒトパルボウイルス B19 の感染による 「リンゴ病」と呼ばれることもある疾患です。
48 週の定点 当たり報告数は 0.76、47 週 140 人→48 週 138 人です。

◆学校・保育所等における感染症対策について
【参考ページ】感染症対策(文部科学省) >>詳細はこちら
保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省) >>詳細はこちら


【愛知県感染症情報センターより参照】
(令和元年12月5日更新)

≪戻る